援交をしているJK 高校卒業してからも仲良かった5人メンバーと1年2回はどんな時があっても会うようにしていました。今回もそのメンバーでお花見をしました。みんなお酒が好きと言うこともあってか用意していたお酒はどんどんと飲み尽くしてしまいました。「ヤバイ。物足りない。もっと飲みたい。」それを言うと、後ろにいた男性グループが話しかけてきました。 「一緒に飲まない。こっちはまだまだお酒あるよ。」「いいんですか。こっちはお酒はなくてもつまみは沢山あります。しかも、みんな手作りです。」「マジで、嬉しい。」こうして男性グループと一緒に飲む事になりました。人数は一気に10人以上になってしまい、本当に盛大に盛り上がりました。そして、私の隣にいた男性が耳元で話しかけてきました。「君が女子グループの中で1番可愛いね。良ければれば穂別いちごでやらない。」「酔っていてもそう言うのはやらない。」「本当に、君の友達の1人と、俺の友達の1人がいなくなったけど多分穂別いちごでやっていると思うよ。」「嘘でしょう。穂別いちごで。」それから30分後にいなくなった友達が男性と一緒に戻ってきました。その顔はともてスッキリした 顔でした。「俺の言った通りでしょう。だから俺たちもやらない。」次第に彼の手は私の足に移動してきました。やるつもりはなかったけれど、私達は場所を移動しました。向かった場所は人気のないところ。下は土なので横になることは出来ませんでしたが、立ちながらでも十分楽しめました。 JKと円光する JKと円光する

穂別いちご

97
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無題 - ウンコ生活保護法

2018/06/03 (Sun) 00:50:52

すぐ下半身押し付けてくる男。
それわ池谷カス。
ヨダレ垂らしながらきたない下半身押し付けてくる。
ヤベーよ、上尾の池谷さんヤバイ

レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.